「変わる廃墟VS行ける工場夜景展」

2016. . 12
昨年夏の「行ける工場夜景展」に引き続き、TODAYS GALLERY STUDIOさんで開催中の「変わる廃墟VS行ける工場夜景展」に参加しております。
12778802_1694064710849733_4839350126561233238_o.jpg
自分は、工場夜景よりも朝昼夕の方がメインだと思って撮ってきたんですが、やっぱり世の中的には夜景のほうが需要が高いようです。

IMGP1118_20_21_23_24_25_26_tonemapped_1200.jpg
和歌山県有田市初島 東燃ゼネラル石油和歌山工場
PENTAX 645Z / smc PENTAX-FA645 150-300mmF5.6ED

今回は、昨年末に645Zで撮ってきた初島の東燃ゼネラルや、一昨年に645Dで撮った水島などから、A0で2枚、A2で9枚の、計11枚。
ここでUPした2枚をA0で展示してあります。
5000万画素の中判カメラ・PENTAX 645Zのデータは、A0サイズでもまだまだ余裕のある感じで、近寄ってじっくり見ても、しっかりした解像感を保っています。
基本的に大きいサイズに出力するイメージで撮ってるので、こうやって実際に出力〜展示する事で、やっと完成した感がありますね。
廃墟・工場夜景の合同写真展「変わる廃墟VS行ける工場夜景展」
日程:3/12(土)~4/3(日)
時間:11:00~19:00
会場:TODAYS GALLERY STUDIO
所在地:台東区浅草橋5-27-6 5F
休館日:月曜 ※3/21(月・祝)は開館
入場料:500円/3歳以下は入場無料
公式ウェブサイト:http://www.tgs.jp.net/wakirei.html

微細粒鋼の中山製鋼所

2011. . 07
引き続き、大阪市大正区船町の中山製鋼所。

大阪市大正区の中山製鋼所
【PENTAX K20D/TAMRON SP AF17-50mm F2.8/RAW1shot~photomatix~photoshop】

大河内賞が、どんな権威のある賞なのかは知らないですが、なんだか誇らしげです。

ココは数年間ご無沙汰なので、久しぶりに訪れて、しっかりブラケットで撮りたいのです。

中山製鋼所のパイプ
【PENTAX K20D/TAMRON SP AF17-50mm F2.8/RAW1shot~photomatix~photoshop】


大きな地図で見る

夕暮の中山製鋼所と渡し船

2011. . 26
夕暮の中山製鋼所と渡し船
【PENTAX K20D/TAMRON SP AF17-50mm F2.8/RAW1shot~photomatix~photoshop】

大阪湾岸の旧い工業地帯がある大正区。
横浜の鶴見などと同じで、工業地帯の労働力として戦前から多くの沖縄出身者が集まってきた歴史がある。
まるで沖縄に来たかのような商店街があったりするので、3年前に転勤で大阪にいた頃は、うまい沖縄のアテと泡盛、そして工場風景を楽しみに、よくブラっと出かけていた。

工場好きには有名な大正区の中山製鋼所は、周囲を水路に囲まれ、煙を吐く赤茶けた工場の姿は、まるで港に係留された軍艦のように見えてくる。

工場がある対岸に渡るには、二つのループで繋がった橋(通称メガネ橋)を使うか、そうでなければ、かなりの遠回りを強いられる。
メガネ橋は歩行者や自転車が使えるような橋ではないので、いまだに大阪市営の渡船が活躍している。
道路の代わりなので、運賃は無料。

工場での夜勤に向かうおっちゃんや、学校帰りの子供が思いの外沢山乗り込んでいく姿は、どこか今の日本とは思えない光景だった。
夕暮の中山製鋼所と渡し船
【PENTAX K20D/TAMRON SP AF17-50mm F2.8/RAW1shot~photomatix~photoshop】


大きな地図で見る