夕暮の中山製鋼所と渡し船

2011. . 26
夕暮の中山製鋼所と渡し船
【PENTAX K20D/TAMRON SP AF17-50mm F2.8/RAW1shot~photomatix~photoshop】

大阪湾岸の旧い工業地帯がある大正区。
横浜の鶴見などと同じで、工業地帯の労働力として戦前から多くの沖縄出身者が集まってきた歴史がある。
まるで沖縄に来たかのような商店街があったりするので、3年前に転勤で大阪にいた頃は、うまい沖縄のアテと泡盛、そして工場風景を楽しみに、よくブラっと出かけていた。

工場好きには有名な大正区の中山製鋼所は、周囲を水路に囲まれ、煙を吐く赤茶けた工場の姿は、まるで港に係留された軍艦のように見えてくる。

工場がある対岸に渡るには、二つのループで繋がった橋(通称メガネ橋)を使うか、そうでなければ、かなりの遠回りを強いられる。
メガネ橋は歩行者や自転車が使えるような橋ではないので、いまだに大阪市営の渡船が活躍している。
道路の代わりなので、運賃は無料。

工場での夜勤に向かうおっちゃんや、学校帰りの子供が思いの外沢山乗り込んでいく姿は、どこか今の日本とは思えない光景だった。
夕暮の中山製鋼所と渡し船
【PENTAX K20D/TAMRON SP AF17-50mm F2.8/RAW1shot~photomatix~photoshop】


大きな地図で見る

住友金属和歌山製鉄所遠景

2011. . 05
住友金属和歌山製鉄所遠景
【PENTAX K20D/FA 80-320mm F4.5-5.6/RAW1shot~photomatix~photoshop】

新日鉄・住金が合併だそうで、そのうち、生産拠点の効率化=どこかで高炉の火が消える事になるのでしょうか。
和歌山製鉄所は、新第1高炉が稼動したのが一昨年、新第2高炉は来年稼働予定なので、そう簡単にきえることはなさそうですが…。

この写真は2008年の夏に撮ったものですが、ちょうど写真右側で高炉を建築中。
錆色を纏う前のフレッシュな色合いが新鮮です。

撮影場所は、和歌浦の雑賀崎。
和歌浦といえば、かつて”宇宙回転温泉”等の廃ホテル群で廃墟マニアの聖地となっていましたが、いまはすっかり撤去が進んですっきりしてしまいました。


大きな地図で見る

雪の六甲と神戸製鋼神戸製鉄所

2010. . 16
雪の六甲山と神戸製鋼神戸製鉄所
【PENTAX K-7/DA★60-250mm F4/AEB5shot~photomatix~photoshop】

所用で大阪へ行くついでに、神戸で実寸大鉄人28号と神戸製鋼を撮影。

神戸製鋼の製鉄所は、高速道路上からの眺めが良いものの、撮影は難しい。
ついつい、近くにあるマンションの高層階から、高炉を見下ろしてみたい衝動にかられてしまうものの…

結局、六甲おろしに吹かれる海辺での撮影。
小雨が降ってきたものの、防塵防滴カメラ&レンズの組み合わせだったので、気にせず撮影続行。
が、とにかく寒い。
冬場の工場撮影は、手袋必須。


大きな地図で見る