鹿島臨海工業地帯 砂山都市緑地の夜景

2011. . 06
鹿島臨海工業地帯の砂山都市緑地の夜景
【PENTAX K-5/DA 35mm F2.8 Macro Limited/AEB5shot~photomatix~photoshop】

鹿島臨海工業地帯の定番、砂山都市緑地から望む、鹿島の石油化学コンビナート夜景
前回UPした時は、K-5のカメラ内HDR銀残しで試し撮りしたものでしたが、今回はしっかりブラケットでRAW5shotからのHDR。

砂山緑地公園は、整備された駐車場もあるスポットですが、気軽に夜景を撮りに訪れると、なかなか手こずる場所です。
通称、砂山公園と呼ばれたりもしますが、嘗ては砂丘地帯だったことを感じさせる、小高い砂山に低草木が茂っただけの場所なので、夜景撮影の際はライトが必須。
足下も不安定なので、ヘッドライトがあればベスト。

一人で撮影していると、なかなかに寂しい場所ですが、今回は2人だった事もあって、ブラケットでじっくり1~2時間は撮影していました。
上下ヒートテックの下着に貼るホッカイロ、薄手のダウンにバンソンのシングルライダース、足下は登山用の厚手なハイソックスにダナーのブーツと、真冬のバイクツーリング並の重装備でしたが、体の芯まで冷えきりました。

しかし、冬の寒さに耐えることの引換に、空気は澄み、水蒸気はモクモクと上がり、クリアで躍動感のある工場写真が撮ることができる。
夜の工場撮影は、精密なピント合わせでライブビューを使うことが多いので、CMOSセンサーの連続使用による発熱=それによるノイズの乗りが気になりますが、K-5のマグネシウムボディはキンキンに冷え、その心配も少なくなる。

何度か書きましたが、やっぱり工場撮影は冬がベストシーズンだと、改めて思いました。

鹿島コンビナートの夜景
【PENTAX K-5/DA 21mm F3.2 Limited/AEB5shot~photomatix~photoshop】


大きな地図で見る

comment

cafecico
こんばんは。

この間はお疲れさまでした&ありがとうございました。(゚∀゚)ノ

あの後、こんな過酷な荒行に挑んでいたのですね。
自分、夕方4時の時点で体の芯から冷えきってました( ̄▽ ̄;)

それにしてもこの日は、気温以外はかなり恵まれたHDR日和でしたね。

K-5のシャッター音、惚れてまうやろ~です!
2011.01.09 22:59
hiro_sj30
>cafecicoさん

単車乗りは、冬の寒さへの耐性や、防風・防寒装備を持っているので、何とかなりましたが、それにしても寒かったです。

K-5、10万切ったようですよ~。
HDR専用機に如何でしょう?
2011.01.13 01:09

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://hdrtechnoscape.jp/tb.php/88-07c71d92