三菱マテリアル九州工場と苅田港の朝

2011. . 20
苅田港と三菱マテリアル九州工場
【PENTAX K-5/Pentax 100mm f4 SMC-M Macro/AEB RAW5shot~photomatix~photoshop】

引き続き北九州工業地帯、苅田町の三菱マテリアル九州工場。
苅田港を挟んだ対岸から望む巨大なセメントプラント
日本各地で色々なセメント工場を見てきたけど、これだけ大規模なロータリーキルンが並ぶ姿は見たことがない。
セメント関連のプラントは、まるで増築を繰り返して増殖してきたかのような入り組んだ姿が魅力的。

大規模なセメント工場があるということは、近くに石灰岩の産地がある。
ということは、カルスト台地や鍾乳洞があるはず。
そして、大規模な露天掘りの採掘場や選鉱場があるはず!

八戸セメントなら八戸キャニオン(日本で一番深い露天の場所がある採掘場)。
日高の太平洋セメント秩父の三菱マテリアルや秩父太平洋セメントなら武甲山
高知の太平洋セメントなら龍河洞
宇部三菱セメントや小野田セメントなら秋吉台。

苅田町は、事前にあまり調べること無く訪れたので、こんなに複数社&大規模なセメント関連工場があるとは思っていなかった。
訪れてから、もしかしたらと思い、三菱マテリアルから西に伸びる高架状のベルトコンベアの先をiPhoneのmapで調べてみると…
やはり、数々の露天の採掘場や、カルスト台地と思われる「平尾台」や鍾乳洞らしき「青龍窟」の名が。
コレは撮りに行きたいと思ったものの、その日の夜には実家の岡山へ…。
ということで、涙を飲んで苅田町を後にしたのでした。


大きな地図で見る

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://hdrtechnoscape.jp/tb.php/159-24e2976e