スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HDRを始めた切っ掛け(水島コンビナート夕景)

2011. . 10
水島コンビナートの夕景_逆光
【PENTAX K-7/DA 21mm F3.2 limited/AEB5shot~photomatix~photoshop】

地元の岡山に住んでいた十数年前から、銀塩マニュアル機で撮り始めた水島コンビナート。
陸地から西に広がるコンビナートは、夕暮れ時から日没後に明かりが灯り始める頃が一番好きで、よく狙って撮っていた。
でも、ラチュートが広いとされていたネガでも、夕焼け色の空とコンビナートのディテールを両立させるのは難しかしい。
ハーフNDフィルターを試したり、フィルムスキャン後にphotoshopでいくら弄ってみても、自分が思ったように仕上げる事はできなかった。

5年前、HDRを知った時は、コレだ!と思い、photomatixを即買い。
それ以来、テクノスケープに限らず、あらゆる撮影の8割以上をブラケットで撮るように。
上の写真のようなシーンなら、夕焼け空の色を出すためにアンダー気味に撮って、プラント群を影絵状のシルエットにするのがセオリーだし、それはそれで好きなんだけど…
欲張りな性分なのか、やっぱり、目で見た記憶に近い=夕焼け空もプラントのディテールも盛り込んだ一枚を再現したくなる。


大きな地図で見る

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://hdrtechnoscape.jp/tb.php/123-6ed3d0fa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。