ブログタイトル変えました。

2011. . 02
ちょっと前から、何気にタイトルを変えてます。

このブログを作った時、取り敢えずと思って付けたタイトルが、今一つしっくり来ないままだったんですよね。
工場単体よりも、工場・コンビナートのある風景が好きなので、「HDR Technoscape」としました。

Technoscape(テクノスケープ)とは、テクノロジー(技術)とランドスケープ(景観)との合成語。
インド生まれのアルジュン・アパデュライという文化人類学者が造った造語で、日本では、近畿大学の岡田昌彰准教授「テクノスケープ―同化と異化の景観論」という本などをだすなど、研究・発表を進めています。
広義には、工場・コンビナートなどの作り出す景観だけではなく、巨大クレーンや高速道路のインターチェンジ、ガスタンクや鉱山施設なども含んだ、鉱工業景観も含むそうです。

私にとっての代表的テクノスケープといえば、故郷の原風景の一つでもある水島コンビナートの風景。
小さな峠を越えると、里山の向こうに見えてくる重化学コンビナート。

宇野津の里山と水島コンビナートの夕景
【PENTAX K-7/Zeiss Planar 50mm F1.4/AEB5shot~photomatix~photoshop】

日本の原風景といえば、山々に囲まれた棚田や茅葺き民家といった写真が思い浮かびそうですが、水島のようなテクノスケープも、もう、日本の原風景だと思うのです。


大きな地図で見る

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://hdrtechnoscape.jp/tb.php/114-fbd5d674