鹿島港からの眺め【鹿島臨海工業地帯】

2010. . 11
鹿島臨海工業地帯の海からの眺め
【SIGMA DP1/RAW1shot~photomatix~photoshop】

鹿島臨海工業地帯は、陸海空から堪能できる。
間近に近づけるスポットも多く、公園展望塔からは工業地帯を俯瞰で眺められる。
海はと言えば、鹿島港内を一周する遊覧船、ユーリカ号がある。

鹿島港遊覧船ユーリカ号
【FUJI F200EXR/DR800%撮影~photoshop】

いくら日中とはいえ、さすがに揺れる船上では手持ちブラケットも難しく、DP1のRAW1shotとF200EXRのDR800%で撮影。
海から見る住友金属鹿島製鉄所
【FUJI F200EXR/DR800%撮影~photoshop】

この遊覧船、から見える各工場はもちろん、停泊している船についても解説してくれます。

水島なんかでも、土日祝に定期運行できないかなあ。
以前、倉敷市の観光課に提案したことがあったものの、難しいという回答。
まずは月イチぐらいなら、何とか集客できると思うんだけど…。

瀬戸大橋が出来る前、水島~丸亀を運行していたフェリーからの眺めを思い出します。

鉄の街、室蘭。【新日本製鐵室蘭製鉄所】

2010. . 17
新日本製鐵室蘭製鉄所
【PENTAX K10D/FA 80-320 mm F4,5-5,6/RAW1shot~photomatix~photoshop】

日本最北の高炉、室蘭の新日本製鐵室蘭製鐵所。
煤け具合が、なんと言うか大陸的な雰囲気だ。

これで、最初に設定したエリア全ての写真をUPすることができた。
とはいえ、HDDの中で醗酵しそうなほど、大量の工場写真が眠っているので、ボチボチUPし続けます。

新日本製鐵室蘭製鉄所
【PENTAX K10D/FA 80-320 mm F4,5-5,6/RAW1shot~photomatix~photoshop】


大きな地図で見る

八戸臨海工業地帯_01

2010. . 04
京浜工業地帯の巨大クレーンや堺泉北工業地帯の起重機船で思い出したこの写真。
八戸臨海工業地帯の八戸工業港
【PENTAX K20D/SIGMA 30mm F1.4/RAW1shot~photomatix~photoshop】

大規模な工業地帯の少ない東北で、福島の小名浜と並ぶ臨海工業地帯のある八戸。
八戸工業港の一角では、ハングル文字が書かれた船にくず鉄を搬入中。
写真を撮っていると、遠くから二人の男の鋭い目線が…。
やはり、北へ向かうのか?

重機の向こうに見えるのは三菱製紙の八戸工場。


大きな地図で見る