HDR素材提供(PENTAX 645Z×東燃ゼネラル石油和歌山工場)

2016. . 30
昔、このブログやSNSで何度か行っていたんですが、645Zのデータを弄ってみたいという声を各所で頂いたので、久しぶりにHDRの素材提供企画をやってみます。

基本的に、個人利用の範囲内であれば、好きに使って頂いてOKです。
WEB上での公開も、自分のブログやSNS等であればOKです。
その際は、データの引用先として、このブログのURLを貼ってください。
SNSならメンション飛ばしてお知らせください。
ついでに、ここにもコメント入れていただくとありがたいです。

いくつか用意したんですが、まずはオーソドックスにAEB5shotのデータから。
初島の東燃ゼネラル石油和歌山工場の夕暮れです。
明暗差が大きいので、まだまだ1shotからだと難しいシーンではないでしょうか。
hatsushima_AEB5shot
PENTAX 645Z / HD PENTAX-DA645 28-45mmF4.5ED AW SR

この4枚のほかに最明撮の1枚。
RAW+jpegで撮ったDNGとjpegデータで計10枚入れてありますので、自由に使ってみてください。
自分もまだ仕上げてないデータなので、これから取り掛かります。
↓データはギガフィアル便にアップしてあります。
ダウンロード
データは10/13日までダウンロード可能です。

王子製紙呉工場

2011. . 27
王子製紙呉工場
【PENTAX K-5/DA 21mm F3.2 limited/AEB RAW 5shot~photomatix~photoshop】

市広にある王子製紙工場。
王子製紙と合併する以前の東洋パルプ工場。
クラフト紙の生産量が日本一だそうで、なかなか見応えのある規模の製紙工場です。


大きな地図で見る

電源開発 九州アッシュセンター

2011. . 18
福岡県京都郡苅田町の九州アッシュセンター
【PENTAX K-5/SIGMA 8-16mm/RAW AEB5shot~photomatix~photoshop】

北九州の東隣、北九州空港のある京都郡苅田町。
臨海部の埋立地には、複数社のセメント関連工場をはじめ、日産のやトヨタの自動車工場等、多くの工場が立地する工業都市となっている。
北九州工業地帯というと、明治からの鉄の街として北九州=八幡を思い浮かべるが、高速道に国際貿易港、空港まで揃った苅田町の方が勢いを感じられる。

ココは、地図で見ると「クリオン株式会社九州工場」の施設の一部のように見えるが、入り口の看板には「電源開発株式会社 九州アッシュセンター」とある。
しかも、タンクのような建造物にはでかでかと「太平洋セメント」の文字。
なんだかよくわからないが、実はそれぞれ密接に関係しているようだ。

電源開発といえば、多くの発電所を持つ卸電気事業者。
その中には石炭による火力発電所があり、そこで出る大量の石炭灰をセメント原料(粘土の代替品)にするための中間処理施設がアッシュセンター。
クリオン株式会社はALC(軽量気泡コンクリート;旭化成だとヘーベルパワーボード)メーカーで、太平洋セメントの関連会社。
そんな事が気になって調べてみるのも、工場・コンビナート撮影の楽しみの一つだったりします。


このHDRに使った5shot。
photomatix4.0以前だと、「チッ!」なんて舌打ちの一つも出るような場面なのですが、今では気にせず、敢えて大きく入れたりするようになりました。
4.0でのセミオートのゴースト除去も感動モノでしたが、4.1の自動ゴースト除去は本当に優秀。
以前にUPしたコレとかコレなんかもそうですが、高速を走る車もゴーストレスの仕上がり。
上の写真のような大きな物体が、5shotの間に端から端までがっつり動いていても、オートでこれです。
動体が動いている部分は、厳密にはHDRではなく1shotからの生成だと思うのですが、RAWだとそれ以外の部分との差異が、殆んど気にならないレベルの仕上げです。


大きな地図で見る