番の州臨海工業団地の朝_04【HDR】

2012. . 03
番の州工業団地の朝
【PENTAX K-5/DA 35mm F2.8 macro limited/AEB5shot~photomatix~photoshop】

前回の写真を撮った向きから、左へ90度ほどカメラをパンさせると、こんな感じです。

しかし、昨年のお盆に帰省がてら撮った、瀬戸内~北九州の工場風景約160GBのRAWデータが、9割方未処理だな…


大きな地図で見る

番の州臨海工業団地の朝_03【HDR】

2012. . 27
坂出番の州臨海工業団地の朝
大きいサイズの写真はコチラ
【PENTAX K-5/zeiss planar 50mm f1.4 ZS/RAW AEB5shot~photomatix~photoshop】

香川県坂出市、番の州の朝。
同じ場所で夜明け前から、刻一刻と登りゆく朝日と、不定期に爆煙を上げる三菱化学のコークス炉のおかげで、ついつい撮りすぎてしまいました。


大きな地図で見る

大竹コンビナートの朝

2011. . 23
大竹臨海工業地帯の朝
【PENTAX K-5/zeiss planar 50mm f1.4 ZS/RAW AEB5shot~photomatix~photoshop】

広島県大竹市の街並みと臨海工業地帯、瀬戸の島々も望める高台。
お盆の早朝、空が白み始める頃から、さらに高い場所にある墓地へと登っていく地元の人たち。
傍らを通り過ぎるたびに、おはようございますの挨拶と、日の出が撮れるか心配の声をかけてくれる。

順番でいくと、番の洲の次はArchitectural HDRのdoikenさんを夕方~朝までご案内(引っ張り回)した水島コンビナートなのですが、何度となく撮影してきた場所なので、興味の赴くままに各地で撮影したテクノスケープをHDR化しています。

そんな中でも、今まで通り過ぎることはありながら、じっくり撮った事のなかった広島県大竹市のコンビナートが、予想以上に良かったのです。
鹿島・京浜・四日市・水島等とくらべると、規模は小さいものの、寄っても引いても、夜明けも夜景も、絵になる撮影スポットが豊富。
瀬戸内の海や島、背後の山や街並みとの混じり具合に、初めて訪れた場所なのに、どこか懐かしさを感じる風景。

自分が工場・コンビナートのテクノスケープに惹かれる理由は、非日常的な異景に対する”萌え”といったものよりも、日常の中の工場・コンビナートに”懐かしさ”や”郷愁”をおぼえるからなんだなあ…という事を、大竹や周南といった瀬戸内沿岸の工場地帯を巡って、改めて実感したのでした。

大竹コンビナートの朝
【PENTAX K-5/zeiss planar 50mm f1.4 ZS/RAW AEB5shot~photomatix~photoshop】


大きな地図で見る