2009年7月20日の福島第一原発

2011. . 03
福島第一原子力発電所
【PENTAX K-7/TAMRON SP AF17-50mm F2.8/AEB5shot~photomatix~photoshop】

非常事態が日常になりつつありますね。
ひとまず安心、となったらUPしようと思っていたのですが、一朝一夕にどうにかなるようなものでもなさそうです。

福島第一原発
【PENTAX K-7/DA55-300mmF4-5.8/AEB5shot~photomatix~photoshop】

もう一つのブログのアクセス解析をしていたら、上位の検索ワードに「原発銀座」が入っていました。
以前UPしていた福島第一原発のエントリーが引っかかっていたようです。

仙台にいた頃、よくオートバイで小名浜あたりまで出かけていたのですが、国道6号よりも、出来る限り海寄りの道を走っていたので、否が応でも原発に出くわすのでした。
海辺の細い田舎道は、原発周辺になると、原発誘致の見返りの交付金によって作られた立派な道になるので、地図を見なくても原発が近いことが分かります。
今まで、日本全都道府県をオートバイで旅してきたので、泊、六ヶ所村(処理施設)、東通、柏崎、女川、福島第一・第二、浜岡、美浜、大飯、島根、伊方、川内と、かなりの数の原発や関連施設のある土地を通ってきました。
現地に行くと、原子力開発にまつわるお金、それによって巻き起こる癒着や対立…、何かそんな事を思わせる、共通した雰囲気を感じることが出来ます。

個人的には、原子力というテクノロジーを否定しようとは思わないのですが、それを公正に安全に運用出来ない以上、今後の開発に見直しが入るのは仕方が無いでしょう。
戦後の原子力政策、政権与党や各首相、官僚、アメリカ、東電、開発関連企業、マスコミ、etc…。
何故、今回のような事故が起きるに至ったのか、歴史を紐解いて検証・反省がなされないようなら、ちょっと日本という国に絶望してしまいそうです。

福島第一原発
【PENTAX K-7/DA55-300mmF4-5.8/AEB5shot~photomatix~photoshop】

「想定外」と言うのは問題外でしょう。
過去の地震や津波を検証して、福島第一原発の危険性を具体的に指摘していた研究者や議員もいたのに、何故放置されたのか。

取水・排水口に、取水ポンプや緊急発電用のものと思われる燃料タンク等が立ち並ぶ海辺のエリア。
素人目に見ても、津波を考えなくても「巨大台風とか来たら、こんな海に近い低い場所に、色々大事そうな機械があって大丈夫?」と、望遠レンズを覗きながら不安を抱かせる光景でした。

Fukushima_Daiichi_Nuclear_Power_Station
【PENTAX K-7/DA55-300mmF4-5.8/RAW1shot~photomatix~photoshop】

東日本大震災被災エリアのgoogleマップが、早くも最新のものに変わったようで、何度もオートバイで走ってきた福島の浜通りや三陸の海辺が、地形ごと変わっている様子は、辛いものがあります。
福島第一原発も、津波に洗い流された後の画像になっているので、上の写真と比べると、深刻なダメージがよく分かります。

とても困難な道程だと思いますが、いち早い安定化と、自衛隊や東電、関連会社等、現地で作業している人達の安全を祈っています。


大きな地図で見る

八戸工業港と三菱製紙八戸工場

2011. . 30
昨日の日本製紙石巻工場に続いて、東北の製紙工場

八戸工業港と三菱製紙八戸工場
【PENTAX K20D/DA55-300mmF4-5.8/AEB5shot~photomatix~photoshop】

別ブログでも何度かUPしているように、東北有数の臨海工業地帯と味のある横町が沢山残る八戸は大好きな街の一つ。
そんな八戸も、漁港周辺が大きな津波に飲まれる様子が、TVで何度も映し出されていた。
TVにはあまり映されないけれど、この様子だと臨海部の工場や港湾施設も大変だ…などと心配をしていたら、やはり甚大な被害を受けていたようだ

三菱製紙八戸工場も一階部分が浸水で電気系統がやられ操業停止との事…。
この写真のような力強い光景を、いち早く見られるようになる事を願っています。


大きな地図で見る

日本製紙石巻工場

2011. . 29
日本製紙石巻工場
【PENTAX K-7/TAMRON SP AF17-50mm F2.8/AEB5shot~photomatix~photoshop】

東北の工場は、製紙工場がイイ。
三菱製紙の八戸工場、仙台にいた頃は何度となく撮りに行った日本製紙岩沼工場、そして、日本製紙石巻工場。

今回の地震と津波で、これらの工場は軒並み大きな被害を受け、以前にUPした他の東北の工場も、ほぼ全て被災している。
東北の製紙工場は、雑誌用の紙のシェアが高いらしく、この状況が続くと、出版業界は広告出稿の大幅減と合わせて危機的状況になるようだ。
いち早い復興を願いつつ、石巻沖のネコの島、田代島とセットで、再び訪れる日がくる事を楽しみにしています。
石巻港の防波堤と日本製紙石巻工場
【PENTAX K-7/DA55-300mmF4-5.8/RAW1shot~photomatix~photoshop】


大きな地図で見る